公務員転職のため予備校に通うメリット 費用は?

私は、公務員試験対策のため、大手予備校 大栄の公務員講座に通っていました。学費はコミコミで約30万円でした。現在、社会人経験者専用のコースはあまりありません。なので、結構無駄があったと感じています。就職氷河期世代や社会人経験者が公務員に転職するために必要な教材などは別の記事でまとめたいと思います。

テキストが充実している 大手予備校公務員講座のメリット① 

公務員試験対策に必要な教材がほとんど手に入ります。これを自分で全部揃えようと思ったら結構たいへんです。私が通った予備校では、主にオリジナル教材に市販の教材も複数用意されていました。この教材費用だけでも10万円くらいの価値はあると感じます。

2次試験対策講座が充実(論文、面接、グループワーク) 大手予備校公務員講座のメリット②

2つ目のメリットは、一人で勉強しにくい論文試験や面接、グループワークの対策講座も充実していることです。私は、特に論文試験の経験がありませんでした。なので、論文試験に苦手意識を強く持っていました。しかし、資格の大栄オリジナル教材に論文試験対策がありましたので基礎からしっかりと勉強することができました。

全国統一試験が受けられる。 大手予備校公務員講座のメリット③

予備校で公務員講座を受ける3つ目のメリットは、本番さながらのペーパーテストが受けられるところです。私は、全国統一模試を4回、直前対策模擬試験を2回受けました。問題冊子と問題解説冊子がありました。間違った内容を解説でしっかりと把握し、それでもわからない場合は、専門テキストの該当部分をしっかりと学習し直しました。

まとめ

実際に、私が公務員講座に通ってみて感じたメリットについてご紹介しました。30万円を払ったので、元を取らないと!という想いもあって働きながらでも勉強に励む事が出来たと思います。私もそうでしたが、予備校選びは通いやすいことを第一に考えた方が良いと思います。別の機会に、今度は、社会人経験者向けの本番試験でもっと勉強するべきだったことを。また、予備校に通うのが無駄かな?と思っている人向けに、ピンポイントで効率よく勉強するための教材などもご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました