おすすめ投資本 今話題の株1000さんの人気書籍です。「貯金40万円が株式投資で4億円」

投資本紹介

今回ご紹介する本は、私がツイッターでフォローさせてもらっている株1000(せん)さんの本です。2021年に入ってから発売されたばかりの書籍です。貯金40万円からスタートさせたという株の投資ということで親近感がわきました。

株1000さんは何歳?中学2年生で投資をはじめたのは早すぎ

気になる株1000さんは何歳くらいなのでしょうか。書籍の中でファミコンの話が出てきます。そこから推察すると、おそらく40歳前後だと感じました。高校生時代にはインターネットやスマホもなかったと書かれていることから、おそらく40歳くらいかなぁと感じています。

株1000さんの子どもの頃の話が面白い。とあるバブル紳士の言葉が印象的

株1000さんは幼い頃から、金銭感覚が優れていてすごいなと感じます。中学2年生のころに、郵便貯金で40万円の貯金を持っていたことも中々すごいことです。あまり裕福な家庭ではなかったということも、投資家になろうと思ったきっかけだったようです。今の時代のように、ネットで株取引ができなかったので、高校生のときに近所の証券会社に入り浸っていたらしいです。自分も年が近いので、そのユニークさが良くわかります。高校2年生のときに資産を1500万円に達した頃に出会ったバブル紳士の話が特に面白かったです。その紳士の話が次のとおりです。

人生には、誰でも3回は大きなチャンスがある。そのチャンスを1回でもつかめたら、お金持ちになれるんだ。(中略)お金持ちになりたいなら、まずは1000万円を自力で貯めなさい。

この言葉は、私にとっても衝撃でした。そして当面の目標は、資産1000万円です。これまでは、400万円が目標でした。2021年は400万円を目標にして、2022年は1000万円を目指そうと思います。

株1000さんは、必死で株式投資を勉強された結果、このような素晴らしい紳士との出会いなどにも恵まれていきます。

今で言う、せどりビジネスやパチプロとしても稼いでいた

小学4年の頃に、ファミコンショップで安くソフトを仕入れ、別のお店で高く売っていたそうです。それにしても年齢が若いです。この話を読んで、今のネットせどりビジネスなどにも似ているなと感じました。また、パチンコのプロとしても活動して儲けていたそうです。でも、限られた時間を消費して利益を生むことに気づいてパチプロはきっぱりとやめられたそうです。ちなみに、パチプロでの年収は1000万円近くあった時期もあったそうです。本当に、何をやられてもすごい方だなという印象を持ちました。

買うべき株を見分ける方法は?資産バリュー投資の投資術

肝心の投資術ですが、バリュー株投資を紹介されています。バリュー株投資とは、会社が保有する現金や不動産などの資産を評価して投資することです。ざっくりいうと、PBRが低い銘柄を見つけて、会社のお手頃感を調査して投資するやり方です。割引率が高いオトクな銘柄を探すことが大切だと述べられています。具体的には、

PBRが、0.5未満の銘柄がターゲット

PBRが0.3未満の銘柄が激安!

このルールだけを私は覚えるようにしました。ただし、赤字が継続している銘柄は要注意とのこと。

株1000流ネットネット株とは?

読書をしていると、聞き慣れない言葉が出てきました。ネットネット株って何?ネット関連銘柄?と思いきや、それは、「1万円入った財布が5000円で売られている」ような銘柄のことです。ここの項目については、専門的な内容にもなっていましたが、非常にためになる話でした。ぜひ、読んでみてください。

現在の株価の位置を見定めること 過去のチャートを遡る!

上記の、PBRで割安な銘柄をみつけたら、次に現在の株価はどのくらいの位置にあるのかを見なさいと言われてます。具体的には、株価チャートをできるだけ過去にさかのぼり相場を把握することです。現在地が過去のものより高い状態だと注意が必要とのこと。また、チャートの上限や下限を的確に把握した上で、何度も同じ銘柄を売買することで銘柄の癖を見抜くことも重要であると書かれています。

また、株1000さんの好きな銘柄は、右肩下がりのチャートが延々と続いていて、これ以下に下がらなくなった銘柄だそうです。下がる余地がなく、戻った時のリバウンドが大きい銘柄は狙い目とのこと。

決算短信や有価証券報告書の読み方も丁寧に解説してくれてます。

著者は、決算短信などの報告書が薄い会社から投資をはじめてみることをおすすめしています。どういうことかというと、報告書が薄いほど、ビジネスモデルがシンプルで初心者にも理解がしやすいからです。時間があまりないサラリーマン兼業投資家などにも効率的な報告書の読み方やチェックポイントが紹介されているのは嬉しい内容です。

他人に頼らず自分で考えて株を買う

他人の意見を参考にするのは悪いことではないけど、考えることを放棄することはやめようと苦言を呈しています。確かに、私もとある方のおすすめ銘柄を買うことで、利益を受けてきた背景もあり、これは耳が痛い話です。初心者のうちは真似から入れば良いけど、やりすぎると自分の強みが成長しないと著者は言います。私も、信頼しているベテラン投資家さんの話を鵜呑みにするのではなく、自分で納得したら株を買うようにします。

まずはやってみよう。そして株を楽しもう。

株式投資を行っていく上で、心がけるべき話が書いてあります。末永く投資活動を続けるためには、楽しもうというメッセージがありました。確かに私自身も、株式投資がとても楽しいです。仕込んだ銘柄が次の日にどうなるのか、寄付の状況をチェックしながらドキドキします。また、平日の昼間がとても楽しくなりました。休日には、早く平日にならないかなと考えてしまうほどです。筆者も、失敗したら反省し、投資家として成長していこうと述べています。身銭を切って重ねた経験は自分にとって大きな財産になるとのことです。とても良い心構えができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました