新築マンション購入レポート② 物件決定〜住宅ローン審査 マイホーム購入は不動産投資 

不動産投資
氷河期おじさん
氷河期おじさん

ハイサイ氷河期おじさん、略してハイサイおじさんです。

今回の記事では、購入したい物件を決定して、実際に申し込みを行い、売買契約を締結した流れについてレポートしたいと思います。おそらく、みなさんこの時期が一番不安な時期だと思いますが、実際私もとても不安な日々を過ごしていましたw

これからマンションを購入したいと考えている方にとっては有益な情報となっていますので最後まで御覧ください。

まずは何と言っても住宅ローン審査が大切!期間は3週間見ておけばOK。

一般的に、不動産を購入する際には、住宅ローンを使用すると思います。2021年現在も、住宅ローンの金利は約1%前後となっており、これは歴史的な低金利だと言われています。資産に余裕があっても、住宅ローンを使って不動産を購入した方が良いと思われます。

さて、今回私自身も住宅ローンを使ってマンションを取得することになりました。これまで銀行など金融機関からの借り入れは、バイクと車の購入だけでした。もちろん、今回住宅ローンを組むのは初めてになります。なので、かなりハラハラドキドキすることになりました。

結論ですが、お目当ての物件があればその物件で住宅ローン審査を早めに受けておくことをオススメします。なぜなら早くて2週間。私の場合は、かれこれ3週間くらい結論が出るのにかかったからです。

1年以上前から、目星をつけていた購入物件ですが、やはり人気が高いこともあり、あれよあれよと売れていきました。賃貸物件も視野に入れて物件探しをしてた私は焦り始めます。購入を決意した頃には、なんと残り4部屋に!(笑)予算の範囲内の物件に関しては、残り2部屋でした。焦っていた私は、早速マンションギャラリーに連絡を入れ詳細な打ち合わせを行いました。買いたかったお部屋を決めていったところ、「売れました。」と言われて焦りはマックスに。早急に、住宅ローン審査に向けて動き出しました。

オススメ金融機関はアルヒさんです。前年度低所得でもOKでした。

私は、前年家庭の事情でアルバイト契約で仕事をしていました。なので、前年度年収はなんと200万円程度でしたが住宅ローン審査がOKでした。なおかつ、現在の勤務先に転職したのは、今年の4月。それでも審査が通ったのは、アルヒの柔軟な対応だったと考えています。

住宅ローン審査がおりた理由としては、貯蓄や投資などである程度まとまった金額の頭金を用意していたからかもしれません。購入金額の40%を頭金として準備していました。そのおかげで、アルヒさんの方から金利が優遇されるプランに加入できました。

信用金庫での審査はNGでした。

実は、一番はじめに審査をしてもらったのが最寄りの信用金庫さんでした。知人が働いていたり、カーローンなどでもお世話になっていたので相談しやすかったというのがきっかけです。前提として、信用金庫では勤続年数が1年以上ないと住宅ローン審査が受けられませんでした。ただ、新しい勤務先の事情を加味して、審査をしていただける事になりました。残念ではありましたが、金融機関によって融資のルールなどが違ったりするので、この経験から住宅ローン審査は複数社申し込みをするべきということを学びました。

今回の物件は、住宅ローンの審査OKで初めて申し込みができた。手付金は購入額の10%

私の場合は、転職して間もないことや年収の問題があったので、ローン審査が通ってからじゃないと申し込みができませんでした。しかし、公務員や大手企業で働いている方々などは申し込み後からでもローン審査ができるのではと思います。

住宅ローンの審査OKだということは、マンション販売会社の担当者さんから電話で連絡を頂きました。その時は、めちゃくちゃ嬉しかったですねw

重要事項説明や契約締結の面談日までに、手付金を入金しました。これをもって晴れて購入物件を抑えることができたわけなので、かなり安心感がありました。

妻の誕生日に住宅取得を決意して、そこから手付金入金までにかかった時間(事務手続き)は、ちょうど1ヶ月でした。

注意しないといけないのは、手付金の額です。手付金の相場は、物件価格の10%だそうです。仮に、4000万円の物件であれば、400万円を先に支払わないといけません。良い普通自動車が買える額ですね。今回は、頭金の一部から手付金を先に支払った形になります。

補足:マイナンバーカードは早めに作っておくべき。不動産取得時は公的証明書がたくさん必要です。

最後に、今回便利だったのが写真入りのマイナンバーカードを早めに作っておいたほうが良いというお話です。住宅ローン審査には、様々な提出書類を準備する必要があります。例えば、所得証明書や住民票などです。マイナンバーカードを作っておいてよかったのは、それらの書類をコンビニで取得できたことです。便利でした。

また、今後も新居に住むまでにも、様々な公的な書類や手続が必要になってくるでしょう。マイナンバーカードを作っておいて良かったです。しかもマイナポイント家族3人分で15,000円分ゲットできたし最高でした。

次回予告 重要事項説明と不動産売買契約締結

お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました