コツコツ儲かりました。米国株ブログ 激動の2022年2月でした。

ETFくん
ETFくん

こんにちは!ETFくんです。だいぶん、暖かくなってきましたね。早く春が来ないかなぁと待ち遠しいです。株式市場の方にも春がという意味ですw

2月は色々あったなぁ〜と思いましてブログを書いています。

久しぶりの雑記ブログになります。

相場は大変なことになっておりますが、おかげさまで、着実に利益を積み上げられています。

目標の年間実現損益達成率は、50%を突破しました!!!

今月の所感「激動の2月でした…」

2月は本当にいろいろな事がありました。北京オリンピック開幕、ロシアのウクライナ侵攻など。

プライベートでは、確定申告もありました。新しいパソコンを買って、トレーディングデスクを作ったりしました。(すまい給付金の50万円を投資した形に。)

2月は逃げると言いますが、あっという間だったように感じます。

結論、2月の米国株投資成績は、おかげさまで儲かりました。その理由は下記の通りです。

  • 1月の下落局面で早々にグロース株を損切りしたことで2月良いスタートが切れた。
  • エネルギー株に切り替えた。
  • 常にキャッシュポジション多めだった。
  • ゴールドの週足チャート三角持ち合いのブレイクアウトに気づけた。

この辺りを意識していたので精神的にも比較的安定させてトレードに望めたと思います。

2022年2月上旬 SOXLなどを買い、VZを始めとしどバリューを処分しエネルギーに全集中した。

2月上旬は、オリンピック開幕もあってVIX指数も20%代に落ち着きました。北京オリンピックご祝儀相場になるかも?と感じた私はそのタイミングで $SOXL (DRX SEMICON BL3X)などを仕込みました。

一方で、VZ、T、KHCなど長期保有していたバリュー株を売却しました。理由は、1月後半になってパフォーマンスが冴えなかったからです。その資金でエネルギーETFのVDEに投資をしました。

結果、失敗だったのは、KHCを手放したことです。その後も決算発表などを受けて株価が大きく上昇しました。

その他、TECSなどショート系のETFも触ってみたり。

日本株は、一旦ノンポジになりました。(岸り人になりました。)なかなか負けのサイクルから抜け出すことができず悪い流れを断ち切るためにも米国株に全集中しています。

2022年2月中旬 WFCをはじめ金融セクターを買うもすぐ売却

チャートを眺めると、金融セクターに妙味を感じたので、投資を実行しました。しかし、米国の長短金利差が小さくなっていくのと同時に、金融セクターの株価が冴えなかったことから、一旦手仕舞いをしました。プラスマイナスゼロくらいでしたね。

2月中旬頃には、好決算だったハイパーグロース株が急伸しているのが印象的でした。中でも、ドクシミティは監視対象銘柄です。

またウクライナ情勢の緊張感が高まり、コモディティ価格が上昇し始めたのもこの時期でしたね。

このタイミングで、GLDや金鉱株のNEMを仕込みました。個人的に嬉しかったのが、その数日あとに、じっちゃまがInstagramストーリーで金鉱株 GOLDのGOサインを出されたことです。尊敬する方の情報よりも先に動くことができたからです。

2022年2月下旬 VDEを全売却しました。そして全面戦争へ…

年初来ガチホしていた、エネルギーETFのVDEを全売却しました。(ちょっとした指値ミスもあったけど、タイミングはバッチリだったと思っています。)

また、金鉱株などのゴールドを仕込んでいたおかげで、含み益を増やすことができました。

エヌビディア決算通過後に、株価が冴えなかったのは株クラにも影響あったっぽいです。

そしてロシアがウクライナへ侵攻を全面的に開始しました。もともと、東部の2地域だけが軍事侵攻の対象と見られていたところ、首都キエフにも攻撃が行われたことがネガティブサプライズとなりました。しかし、ここで市場はグロース株を中心に積極的に買われました。じっちゃまも、近々マーケットは底打ちすると言われています。

そこで、私もQQQやグーグル株を仕込みました。ただ、ロシアの核兵器使用など、最悪なシナリオへの警戒感も漂っています。キャッシュポジションは50%程度を確保しながら様子を慎重に伺っていきたいところです。

米国株投資の成果は出ています。目標進捗率50%

本当に、運がいいのもあって、ここまで米国株投資で順調に利益を出せています。目標進捗率50%をすでに超えてしまいました。このペースで行くと、単純計算で、300%の達成率となります。

今後、マーケットが年末にかけてプラスマイナスゼロ付近まで戻すことが期待されているため、個人の目標達成については楽観的です。

もちろん、勝って兜の緒を締めよ と胸に、トレードを頑張っていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました